助成の申込みについて

よくある質問

みなさまからよく頂くご質問にお答えします。
ご質問に近い項目をクリック頂ければ、事務局の回答が表示されます。

募集要項について

Q. 法人でなくても申込みができますか?
A. ボランティア、任意団体でも3年以上の継続的な活動実績があり、代表を定め、規約や会則に沿った組織的な活動を行っている団体は対象としています。ただし、個人の活動は対象となりません。
Q.株式会社ですが、申し込みはできますか?
A.お申し込みできるのは、非営利団体に限らせていただいておりますので、株式会社や合同会社などの営利団体はお申込みできません。ただし母体は営利団体でも、お申込み団体が非営利であれば問題ありません。
Q. 複数の施設を運営しています。各施設ごとに申込みは可能ですか?
A. 申込みは1団体1件に限ります。
Q. 助成対象案件の収支について、自己資金は必要ですか?
A. 助成限度額(200万円)を超える部分については自己資金で賄って頂きますが、限度額内の自己資金については特に条件等は設けておりません。ただし、自己資金の有無が選考時の考慮の対象となることがあります。
Q.中古車も助成の対象になりますか?
A. 車両につきましては、新車・中古車問わず、助成の対象となります。ただし、レンタル、リースなど車両の所有権が助成先にない場合は対象となりません。また、中古車の場合、申込み時と助成決定後で、希望車両の種類、金額が異なることが想定されますが、その際は事務局にご相談いただきます。

申込書記載について

Q. 申込書がうまくダウンロードできません。
A. 申請期間中はご希望の方には郵送にて申込書をお送りしています。 ご希望の方は、お問い合わせフォームからお申込みください。
Q. 申込書をEメールやFAXで送付するのも可能ですか?
A. 郵送のみでの受付となります。(5月末までの消印有効)
Q.「前年度の平均工賃」の記載方法が分かりません。
A.障がい者就労継続支援施設(A型、B型)など、利用者の方への工賃支払いがある場合、前年度の一人、1か月当たりの平均工賃をご記入ください。高齢者施設など工賃の支払いのない施設、団体の場合は空欄のままで結構です。

添付書類について

Q. 添付書類にサイズの規定はありますか?
A. 添付の書類には規定はございません。各お申込み団体での所定サイズで結構です。(ただし申込書は必ずA4サイズでご提出ください)
Q. 法人ではないため、定款が無いのですが?
A. ボランティア、任意団体等の場合は、規約や会則を送付ください。
Q. 見積書の金額と助成決定時の金額が異なりそうな時はどうしたらいいのですか?
A. 申込時点の見積書の金額と、助成決定時の金額に差異が出る場合は、応相談にて事務局から指示をいたします。
Q. 5月31日時点の直近の決算書が、(理事会等の)未承認のため提出できないのですが、どうしたらよいですか?
A. 直近のものを提出できない場合は、前年分の決算書をご提出ください。
Q. 法人設立間もないため、決算書を提出できないのですが、他の書類で代用できますか?
A. 「事業計画書」等、決算書に代わる書類をご提出ください。
Q.決算書は法人全体または助成対象施設、どちらのものを提出すればよいですか?
A.両方ご提出ください。

助成決定後について

Q. 決定の連絡後はどのような手続きの流れになりますか?
A. 決定した後は、所定の「承諾書」、その他必要書類を提出していただいた上で、ご指定の金融機関に振り込みにて送金いたします。
Q. どのタイミングで事業を開始したらよいのですか?
A. 決定の連絡を受けた後であれば、物品や車両のオーダー、調査研究、改修工事など速やかに始めていただいて結構です。ただし、支払い等は助成金が振り込まれてから行ってください。
Q. 助成を受けた車両には丸紅基金のペイント等を施す必要がありますか?
A. 車両に限らず、全ての助成案件の物品には、当基金のロゴシールを貼っていただいております。ロゴシールは助成決定後、当基金より無償にて送付します。なお、車両の場合のロゴシールの大きさは20cm X 60cm です。物品以外の案件については事案ごとに指示いたします。